日本語教師の養成は今後の

  • 日本語教師の養成は今後の

    • 日本語を母国語としない人々に日本語を教える日本語教師はその働き場所は海外・国内の語学学校・教育機関などがあげられ、日本語を学ぶ人は外国人や日本人であっても海外で生まれ育ったことから日本語が得意でないような人もいます。
      年代は大人はもちろんですが子どももいて、人口減少社会となってきている今日では労働力として多くの海外の人が必要となってきているのです。

      気軽に日本語教師の養成のココだけの話をしましょう。

      その人たちへ日本語を始めいろいろなことを伝えていく為にも、日本語教師の養成が必要となっているのです。

      日本語教師は単に言葉を教えるだけにとどまらず、生活習慣や価値観などを伝えていくようなことも多くあります。



      それなので日本語教師の養成を目指す年齢層は、若い人のみならずある程度人生経験を積んできた人たちに適材適所となる活躍の場となる可能性が大きいと思われます。

      教師になりたいと思った時には、一般的には教師といえば教員免許を取得した人のみがなれる職業だと思われるのです。



      しかし日本語の教師の場合は教員免許などの資格は必要がなく、十分な日本語が話せて教える相手がいる場合は誰でもなれるのです。

      そうとはいえ人に正確にきちんと伝えていく立場になるには、言語に対しての専門知識や社会学・心理学なども必要となっていきます。


      実際に働く場合には日本語教育能力検定試験の合格・大学での日本語教育主専攻・教育機関での420時間の日本語教師養成講座修了などが求められるのです。


      これからますます多くの外国人の人々の力が必要になってくることから、日本語の教師も必要度が増してくると考えられます。


top